夜ごはん

函館市本町 生ラムジンギスカンたぐやで夜ごはん

以前は鉄板焼きとお好み焼きのお店だったたぐやがいつの間にか生ラムジンギスカンのお店に変わっていました。美味しいジンギスカンが食べたかったため、早速行ってみました。

生ラムジンギスカンたぐやはこんなお店

函館市本町33ー7、0138ー87ー0721。18:00ー24:00で日曜定休。帰り際に、次回使える無料のドリンクチケットをいただきました。

生ラムジンギスカンたぐやへいった

その日はどこのお店に行くという明確な予定もなく、ふらっと入ったお店は満席で、お食事難民になり掛かっていました。そんなおりにふと思い出したのがこちらのたぐやさん。そういえばお好み焼きじゃなくなったんだよなあ、生ラム食べたいし行ってみようか、そんなノリで今夜はたぐやさんに決まりました。

生ラムジンギスカンたぐやの外観。

電車道路沿いの中央病院前近くにこんな看板のあるお店、それがたぐやさんです。羊の絵が黒で描かれていますね。サフォークを取り扱っているのでしょうか。

先ほどの看板をくぐるようにして進むと、奥へ奥へ誘導されます。ちょっと風情があっていい感じ。空間を贅沢に使っています。

生ラムジンギスカンたぐやへ突入。

中に入ると1階は一杯。でもご安心を、たぐやには2階席もあるのです。姫はお2階へ通していただきました。

お席はこんな感じです。広々していて、2階は混んでおらずあづましかったです。そしてコンロの上に置かれたプレートに注目!

たぐやのジンギスカンは溶岩プレートで焼く。

こちらは溶岩のプレートで、これで焼くと遠赤外線の効果でお肉がふっくら焼けるのだとか。その代わりに焼くには少し時間がかかるのだそう。だからといってコンロの火力を上げすぎると、プレートにひびが入るので要注意だそうです。

たぐやのメニュー。

こちらがたぐやのメニューです。眺めに眺めた結果、姫は例の「食べ比べしたい」という欲求に駆られ、野菜盛りと特製生ラム肩ロース、特製塩生ラム肩ロース、生ラムショルダー、塩生ラムショルダーという比べ甲斐のあるオーダーに。そっとライスも注文します。

飲みものが来ました。

テーブルには黒こしょうと岩塩があります。お肉の味が引き立ちそう!

これがたぐやのお肉だ!

4種のお肉です。嗚呼、美味しそう!

これですべて揃いました。あとはどんどん焼いてどんどん食べます。

やっぱり生ラムはうまい。

久しぶりに食べた生ラムは本当に美味。たぐやさん、いい味出してました。美味しかったのでばくばく食べて、なんと追加オーダーです。

追加したのはこちら、丸ラムです。一番落ち着く味なんですよね。

お連れ様は今日は日本酒ではなくワインで飲み比べです。白と赤。

溶岩のプレートは、焼くのに時間がかかるとのことでしたが姫的には気になりませんでした。おはなししながら、ゆっくり味わって食べるにはちょうどいい速度で焼けていきます。人数が多かったり、食べるのが早い人だと焼き上がりが遅く感じるのかもしれません。お肉がしょりしょりにならずにふわっと焼けるのでとってもいいなあと思いました。

追加分も楽しんだところで我が家はお腹いっぱいです。ごちそうさま。

まとめ。

いい生ラムを食べさせてくれるお店が先日1軒消えてしまい、生ラムロスに陥っていた我が家には嬉しいたぐやさんの方向転換でした。お好み焼きも好きでしたが、生ラムが気軽に食べられる場所ができたのは大きいです。そして実際食べてみて美味しかったんだよなあ。また生ラムの禁断症状がでたら行きます!よろしく御願いします。

  • この記事を書いた人

好奇心旺盛な30代主婦。美味しいこと、楽しいことが大好き。このサイト「ひめぽっぷ」で、美味しい楽しい情報を書き綴っている。

-夜ごはん
-, ,