まとめる。

キヤノン アソビカメラ iNSPiC REC(インスピックレック)レポート!

姫はものを買うとき見た目より機能重視派だと自分では思っているのですが、見た目に先日一目惚れした買い物をしました。それがこちらのおもちゃのようなカメラです。

iNSPiC REC(インスピックレック)発売前の広告の写真にぐっとくる。

カラフルで、おもちゃみたいで、カラビナまでついてる!

はじめにiNSPiC REC(インスピックレック)の広告をみたのは発売前。ポップなデザインにやられました。色がカラフルで、面倒くさいデザインも操作もいっさいなし、ただただシャッターを押して写真撮るだけ!っていうシンプルさに惹かれました。

iNSPiC REC(インスピックレック)にはその場で写真を確認する画面はありません。どうしてもその場で写真確認したい人は、スマホと接続することでスマホ内で写真確認はできます。しかし通常の使い方としては撮ったら撮っただけ。写真写りはあとでゆっくり確認するんです。なんだかそののんびりした感じもいいなあ。

はい、これが姫が一目惚れしたiNSPiC REC(インスピックレック)です。写真の通りお色はピンクを選択しました。そのほかにブラック、キミドリ、ミズイロがあります。計四色のラインナップです。

色は四色だけですが、カメラのジャケットを着せ替えることができます。姫は着せ替えのジャケットを買っていないので写真はございませんが、ハート、ツミキ、グラデーション、水彩、ペンギンの5柄が発売になっています(2020年4月現在)。

そして写真右側の空洞、これがカラビナなんですね。ここをフックにして、iNSPiC REC(インスピックレック)を鞄にひっかけたりベルトにひっかけたりして持ち運ぶことができます。

あー!見た目かわいくてめんどくさくなさそうで思わず欲しくなり買ってしまいましたよ!!購入先はヨドバシカメラさんです。貯まっていたポイントを使わせていただいたのでお安く買えました。

iNSPiC REC(インスピックレック)のスペック。

モードが4つあって、写真、ビデオ、どっちもいけるマルチ、通信をするワイヤレスモードがあります。下の写真の丸いダイヤルでそれぞれのモードへ切り替えができます

約1300万画素、焦点距離25.4mm。撮影可能距離は50cmからで、ISO感度やホワイトバランスはオートです。記録媒体として、中にmicroSD、microSDHC、microSDXCメモリーカードが必要で、最大256GBのカードに対応しています。

大きさは横幅110.5mm、縦45.2mm、厚み18.5mm。重さは90gほどです。軽くて小さいです。

しかも、防水防塵、耐衝撃。これは子どもに持たせてもいいかもってくらい、扱いやすそう。

iNSPiC REC(インスピックレック)専用アプリ「Canon Mini Cam」で何ができるの?

iNSPiC REC(インスピックレック)には専用アプリがあります。Canon Mini Camという名前のアプリで、google playやApp storeから無料でダウンロードできます。

iNSPiC REC(インスピックレック)専用アプリ、Canon Mini Camをインストール、ペアリング

ダウンロードが済んだらペアリングをします。アプリを起動し、利用規約をよく読んでに同意します。右角の漢字の三のようなところをタップするとメニューがでますので、「カメラを追加」を選択します。

カメラのモードをワイヤレスにします。したらスマホの画面上で「次へ」をタップ。スマホのWi -FiとBluetoothをONにして、「次へ」をタップ。

カメラのシャッターボタンを2秒以上長押しします。カメラの表示ランプが緑と赤に点滅します。「次へ」をタップ。ここで解説書ではシリアルナンバーを見ろとありますが、スマホにはもうペアリングできるカメラ一覧が出ていましたので、姫はそれを確認することもなく新しいカメラの情報をタップしました。

ここで、カメラの名前をお好きなものに変えられます。デフォルトでは「Canon FV100なんちゃらかんちゃらー」という長い名前になっているので、わかりやすいものに変更してもしなくてもオッケーです。名前を決めたら右下の確定ボタンで確定しましょう。

すると、スマホ画面の右上が緑色になります。これでペアリング完了です。お疲れさまでした。

こうしていちどペアリングすると、以降はスマホ側でアプリを立ち上げてカメラ側はワイヤレスモードにすることでペアリングができます。

つなぐと、撮った写真をアプリ内で確認することができたり、カメラの設定(音の設定や、写真の縦横比を変えたりなど)ができるようになります。うん、これ結構便利です。

余談なのですが姫が「Canon MiniCam」をインストールしようとしたとき、なぜか物凄くこのアプリの評判がよくなかったんです。ちゃんとペアリングされないとか、通信使えないとか。しかし姫がアプリを使った感想としてはとってもいいです。ペアリングもあっさりできたし、その後一回通信切って再度繋いだりしてもどれもあっさりうまくいっています。個人的には全く問題のないアプリだと思います。一つみなさんの参考になれば。

姫の楽しみ方。

iNSPiC REC(インスピックレック)を買ったのが寒い季節でしたので、あまりカラビナでぶら下げて持ち歩くことはしませんでした。かわりに可愛らしいストラップを用意して、首から下げて使用しています。そう、 iNSPiC REC(インスピックレック)にはストラップホールがしっかりあるので安心です。ストラップホールの近くには三脚用のねじ穴があります。

写真はあとで見る派で楽しんでいます。カラビナの四角い部分からのぞき込むようにして撮ると良さそうですよ。

メモリーカードとしてかなり大きな容量のものを入れましたので基本的に撮り放題です。どうとれているかわからないので、不安なモノは二度、三度と撮っています。気になる写真があればスマホにペアリングしてスマホの画面で確認します。気に入ったらそこからすぐスマホ内に写真を取り込めますので、スマホからすぐにSNSに写真をアップすることも可能です。

まとめ。

実はcanonのカメラは初めてだったんです。いままでcanonさんにあまりよいイメージがなかったのです。しかし今回はいきなりの一目惚れでしたので、深く考えるまもなく購入に踏み切りました。

結果としては、十分満足しています。canonさん、食わず嫌いだったようで使ってみたら良かったです。カメラ自体のコンセプトがはっきりしているので、作りもわかりやすくいちいち納得できる仕様でした。

一番気に入っているのは気軽に使える点。うきうきした気持ちで楽しく写真が撮れる点。良くないのはやはりモニタがないので写真を撮る段階では画角がどこまで収まっているの確認できない点です。まあそこも楽しんでますけどね。

現実今は、今まで持ち歩いていたNikonのコンデジをカバンの中に忍ばせ、カバンの表のフックにiNSPiC RECをひっかけて、写真がキレイにとれることが気に入って買ったスマホを持って出掛けているのが現状です。鳥や星の写真を撮るときにはさらにこの他にPentax K-1を持って出掛けます。いや、持ちすぎだろwと思うのですが、これらのカメラそれぞれに個性がありますから、どれも削ることはできません。

おしゃれで扱いも楽、軽くてカラフル。どこかお出掛けするときに連れて行きたくなるカメラ、それがiNSPiC RECです。あなたもいかがですか?

  • この記事を書いた人

好奇心旺盛な30代主婦。美味しいこと、楽しいことが大好き。このサイト「ひめぽっぷ」で、美味しい楽しい情報を書き綴っている。

-まとめる。
-,